ヒゲ脱毛は笑気麻酔で痛みがなくなるってホント?

ヒゲのレーザー脱毛は痛いです。痛いのが怖くて心配な方には笑気麻酔という麻酔があります。

「ヒゲのレーザー脱毛で笑気麻酔を利用するとどのような効果があるのか?」「笑気麻酔で痛みは完全になくなるのか?」という疑問解決にお役立てください。

笑気麻酔とは

笑気麻酔は歯科治療で利用されている

笑気麻酔は歯科治療で利用されている


ヒゲのレーザー脱毛では笑気麻酔という医療用ガスを使った麻酔がオプションで用意されているのが一般的です。ヒゲ脱毛で笑気麻酔を利用する場合、料金の相場は約3000円です。

笑気麻酔の特徴は以下の通りです。

  • 笑気ガス(亜酸化窒素)と酸素を鼻から吸入する
  • 鎮静作用がある麻酔
  • 麻酔作用は極めて低い
  • 副作用はほとんどない
笑気麻酔は歯科治療で利用されることが多く、特に歯医者を怖がる子供の恐怖心を取り除く麻酔として有効利用されています。

関連:ヒゲ脱毛すると本当にヒゲが生えてこなくなる?!永久脱毛の定義とは

笑気麻酔をしても痛みは消えない

笑気ガスには鎮痛作用がありますが、笑気ガスの濃度を高くしなければ鎮痛作用はあまり期待できません。

しかし、笑気ガスの濃度を高くすればするほど血液中の酸素濃度が低下して、生命に危険が生じる可能性があります。

したがって、患者の安全を考慮するために笑気麻酔で利用する笑気ガス濃度は低くされており、鎮痛作用はあまり期待できません。

笑気麻酔はこんな方にオススメ

笑気麻酔には鎮静作用が期待できるため、心を落ち着かせたり、リラックスしたりした状態でヒゲ脱毛することができます。笑気麻酔をすると「お酒を飲んで酔っ払ったような感覚」になります。リラックスすることによって痛みの感じ方が鈍くなります。

笑気麻酔はこんな方にオススメです。

  • ヒゲ脱毛が怖くて緊張している方
  • ヒゲ脱毛で痛いのが嫌だという方

笑気麻酔は鎮痛作用があまり期待できないため、あくまで心をリラックスさせるオプションとして考えておくことをおすすめします。緊張や不安をできる限り取り除きたいという方にはおすすめです。

ちなみにヒゲのレーザー脱毛をするほとんどの方は笑気麻酔を利用しません。なぜなら鎮痛作用があまり期待できないからです。私も笑気麻酔は利用したことがなく、今後も利用するつもりはありません。はじめてのレーザー脱毛時はとても緊張して恐怖がありましたが、1回体験すれば痛みに慣れて恐怖はゼロになりました。ただし、痛みに慣れても痛いことは痛いので「今日もまた痛い思いをするのか」と通院するたびに感じています。

関連:ヒゲのレーザー脱毛は痛い

まとめ

ヒゲのレーザー脱毛で利用できる笑気麻酔の効果について紹介しました。

ポイントは以下の2点です。

  • 笑気麻酔は鎮静作用(リラックス)が期待できる
  • 笑気麻酔は鎮痛作用があまり期待できないので痛みが消えるわけではない

はじめてのヒゲ脱毛が不安を1ミリも感じない方はいないはずです。私も怖かったですし、痛みがどれくらいなのか実際にヒゲ脱毛するまで不安でした。

したがって、ヒゲ脱毛が痛いということをしっかり認識しておいて、勇気を出してぜひ1歩踏み出してください。

参考文献:星谷歯科医院「笑気吸入法 > 吸入鎮静法としての歴史」